地域と生きる①

『和らぎの家〜地域といきる〜①』

2019/02/12

「宅幼老所 和らぎの家」を引き継ぎ、

「株式会社ゼロへの道のり」が主体となり、スタートしてから二週間が経とうとしています。

スタートしたら、そこで起きる出来事を皆さんにお伝えするつもりでいましたが、

地域といきるということは、深く考えさせられることが沢山あり、

それは地域で汗と涙を流しながら80年、90年、100年と生きてきた方達の『人生』そのもので…

自分自信の人生についてもまだ何もわかっていない私が、簡単に語る事は出来ないと感じています。

小さな町の狭い路地裏にある、一人で暮らすお年寄りのお家へ送迎に行き、

その庭先でふと目を閉じると、何十年も前の、賑やかな家族の光景が浮かんでくる気がします。

庭には沢山の花が咲き、子ども達の遊ぶ声が響きわたっていたのでしょう。

和らぎの家は、

頑張って、頑張って、頑張って、頑張って、頑張って生きてきた地域で暮らす皆さんの人生の物語に、

少しだけ関わらせていただきながら、
沢山の事を、学ばせてもらっています。

高山 さや佳

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です